注目テーマ株「5G」について解説!

テーマ株となっている「5G」!でもなんで話題になっているの?

5G5Gとは通信技術で用いられている言葉で、5th Generationの略称です。直訳すると第5世代ですが「第5世代移動通信システム」という意味があります。2019年11月時点では4G LTE通信が主流になっています。しかし、5Gの普及はそう遠くなく、2020年の春ごろには国内大手の携帯会社は5Gを導入する予定です。

5Gの特徴は、4Gを大幅に上回る「通信速度」「低遅延」「同時接続」にあります。4Gは1秒間で最大1ギガバイトのデータを送信できます。しかし、5Gの場合は1秒間で最大20ギガバイトの送信が可能になり、4Gよりも20倍速くデータのやり取りが可能です。通信速度が速いとダウンロードの時間が短くなり、利用者はストレスなくネットを利用できます。

また、5Gの遅延は4Gの10分の1、同時接続は従来の10倍になります。遅延が少ないと、ロボットなどの遠隔操作で、映像が遅れることなく表示され、よりリアルタイムに近い操作が可能です。同時接続が増えると、複数の機器から一度により多くの情報を収集することができるようになり、モノのインターネットであるIoT技術の向上が見込まれます。このように、5Gが普及するとそれに伴い新しい技術やサービスが登場することが期待できるのです。情報技術の根幹がアップグレードされるということで、5Gは今注目されているテーマ株になっています。

5G関連の銘柄は何がある?

スマホを使う男性5Gは情報インフラなので、多くのIT関係の銘柄に関連してきます。まず、通信技術を利用したコミュニケーションサービスなどの事業を展開しているICTは、5Gの到来によって確実にサービス内容が充実してきます。クラウドやデータセンターといったネットワーク事業を展開している会社も5Gの恩恵を受けて、新しいサービスを展開していくでしょう。携帯会社の銘柄も当然5G関連ですが、携帯電話向けの電気・通信基盤を整備する建設会社も5G関連の銘柄に含まれます。

5G関連の銘柄にはIT関係以外の企業も含まれている

自動車5G関連の銘柄は通信関係の会社だけに留まりません。自動車メーカーの銘柄も5G関連として数えられます。自動車メーカーは、IoT技術とAIを組み合わせた完全自動運転の自動車の研究を行っています。自動運転では、自動車は周囲の環境情報や交通状態をサーバーに送り、サーバーは送られてきた情報を元に最適な運転をフィードバックして自動車を制御することをしています。つまり、常に自動車とサーバー間で膨大なデータのやり取りが発生しているのです。

5Gを利用すれば一度にやり取りできるデータ量が飛躍的に増加し、より安全な運転を命令できます。同時接続によって、複数台のカメラを自動車に搭載できるようになり、サーバーに送れる周囲の環境情報も充実します。また、遅延が少なくなれば、自動車とサーバー間のやり取りの遅れがなくなり、事故のリスクを格段に下げることが可能です。

他にも、5Gの特性を活用した遠隔医療や防犯技術など、5G関連の銘柄は数多くあります。株式情報を紹介しているサイトでは、5G関連の銘柄を一覧で紹介しているところもあるので、併せてチェックしておきましょう。

あわせて読みたい記事